仕事で使えそうなゲーミングマウスを購入して実機検証!

2022年11月19日 11:33

結局どのマウスがいいのか

最後にまとめてみました。

仕事の効率化や購入の参考にしていただければと思います。

第1候補 Razer Basilisk X HyperSpeed

Razer Basilisk X HyperSpeedは、2022年5月まで職場で使用していました!

デザイン性

職場での使用も問題なさそうです。ただし、刻印されたロゴを見られたら、何か聞かれるかもしれません。

機能性

マクロ機能を使用せず、キーストロークのみの用途であれば、一押しです。

シフト機能で疑似的にボタン数を増やすことができますが、非常に使いやすい機能でした。

設定ソフト「Razer Synapse」も非常にユーザーフレンドリーに作られているので、初めてのゲーミングマウスとしてもよさそうです。

第2候補 ロジクール G304

デザイン性

職場での使用も問題なさそうです。ゲーミングマウスだとバレない自信があります。

機能性

キーストロークで登録できない入力パターンをマクロで回避できるため、結果的になんでも登録できます。

シフト機能で疑似的にボタン数を増やすことができますが、非常に使いやすい機能でした。

設定ソフト「G HUB」の使い方がやや難しい、オンボードモードに切り替えしないとオンボードメモリに登録した機能が使えないなど、機能が少しわかりづらいです。

第3候補 コルセア KATAR PRO WIRELESS

デザイン性

職場での使用も問題なさそうです。ゲーミングマウスだとバレない自信があります。

機能性

キーストロークで登録できない入力パターンをマクロで回避できるため、結果的になんでも登録できます。

シフト機能が無く、ボタンの機能を変更する場合は、変更したいボタンの選定が難しいです。

公式ウェブサイトに記載された仕様では「オンボードメモリ搭載」となっていますが、設定ソフト「iCUE」から一切登録ができませんでした。ソフトがインストールされているPCでのみ、ボタン割り当て設定が使用できます。

在宅勤務で使用するなら コルセア IRONCLAW RGB

コルセア IRONCLAW RGBは、2022年5月まで在宅勤務で使用していました!

この機種は今回の記事では触れていませんでした。以下の記事で紹介しています。

デザイン性

多ボタンマウスで、この記事で紹介したマウスよりも、5個くらいボタンが多いです。

しかもどのボタンにもしっかり指が届くという新設設計です。

機能性

シフト機能はありませんが、オンボードメモリが3スロットあるので、マウスにあるボタンでプロファイルを切り替えて使うことができます。

自分のPCのiCUEでオンボードメモリにキー割り当てを行い、社給PCで使用しています。

今回紹介したマウス(アフィリエイトリンク)

次のページ

次のページでは、セキュリティ保護の観点からゲーミングマウスを選択する理由付けを紹介します。