Razer Synapseの使い方をマスターしよう!キーボードとマウスのキー割り当てとLEDライトの設定手順

2024年2月29日 19:47

Razer Synapse|マウスの設定

Razer Synapseの使い方を解説します。
Razer製ゲーミングマウスのキー割り当て設定を、手順書形式でまとめています。

この記事は、ワイヤレスゲーミングマウス「Basilisk X HyperSpeed」で確認した内容をまとめています。

マウス|デバイス選択と設定機能

起動とデバイスの選択

タスクトレイからRazer Synapseを起動する

タスクトレイのRazer Synapseアイコンをクリックします。

設定するデバイスを選択します。ここではマウスを選択します。

設定画面が起動します。

マウス設定で使用できる機能

マウスを選択したときに使用できる機能です。

使い方の詳細はそれぞれの項目で説明します。

カスタマイズ

マウスへ、キーやマクロ割り当てを設定します。

パフォーマンス

マウスの感度(DPI)を設定します。

較正

マウスパッドからマウスを持ち上げたときの、マウスの感度を調整します。

この記事では、この機能の説明は割愛します。

Razer製マウスパッドは「表面の追加」から設定可能です。

それ以外のマウスパッドは「デフォルト 較正なし」での使用となり、高さも1mmの高さまで反応するように設定するか、2mmの高さまで反応するように設定するか、この二択での設定になります。

パワー

ワイヤレスマウスを使うとき、マウスがスリープモードに移行するまでの無操作時間を設定します。

この記事では、この機能の説明は割愛します。

スライダーを調整し、スリープモードに移行するまでの無操作時間が設定できます。

マウス|カスタマイズの設定

「カスタマイズ」では、マウスの各ボタンにキーやマクロの割り当てを設定します。

ここで設定する内容(設定例)

ここでは例として「Hypershift」を「マウス ボタン4」(戻るボタン)に割り当てます。
また、Hypershift側の「マウス ボタン5」(進むボタン)に「Alt + ←」(戻る)を割り当てます。

標準側の割り当て設定

「マウス ボタン4」(戻るボタン)に「Hypershift」を割り当てます。

機能を変更したいボタンを選択する

機能を変更するマウスのボタンを選択します。

なお標準側の左クリックは、機能を変更できない仕様です。

リストから割り当てる機能を選択する

画面上でマウスボタンを選択すると、リストが表示されます。

表示されたリストから、割り当てる機能を選択します。ここでは「RAZER HYPERSHIFT」を選択します。

保存ボタンで確定する

「保存」ボタンをクリックし、このボタンに対する設定内容を確定します。

ボタンに機能が割り当てられました。

Hypershift側の割り当て設定

Hypershift側の「マウス ボタン5」に「Alt + ←」(戻る)を設定します。

Hypershift側の設定に切り替える

デバイスの下に表示された「標準」をクリックします。

機能を変更したいボタンを選択する

機能を変更するマウスのボタンを選択します。

リストから割り当てる機能を選択する

画面上でマウスボタンを選択すると、リストが表示されます。

表示されたリストから、割り当てる機能を選択します。ここでは「キーボードの機能」を選択します。

登録するキーの種類を選択する

プルダウンを表示し、登録するキーの種類を選択します。

ここではキーボードから直接入力するので「キー登録」を選択します。

登録するキーをキーボードで入力する

登録したいキーを、キーボード入力で設定します。

なお、Applicationキーの単独登録は可能ですが、他のキーと組み合わせて設定することはできません。

保存ボタンで確定する

「保存」ボタンをクリックし、このボタンに対する設定内容を確定します。

ボタンに機能が割り当てられました。

マクロの割り当て

Hypershift側の「ホイールクリック」にマクロを設定します。

マクロ作成方法は、この記事の4ページ目で説明しています。

機能を変更したいボタンを選択する

機能を変更するマウスのボタンを選択します。

リストから割り当てる機能を選択する

画面上でマウスボタンを選択すると、リストが表示されます。

表示されたリストから、割り当てる機能を選択します。ここでは「マクロ」を選択します。

割り当てるマクロを選択する

「マクロの割り当て」プルダウンを表示し、割り当てるマクロを選択します。

再生オプションを選択する

「再生オプション」プルダウンを表示し、再生設定をします。機能は次の通りです。

一回再生は、ボタンクリック1回につき、マクロが1回実行されます。

複数回再生は、ボタンクリック1回につき、マクロが任意の回数実行されます。回数は、この画面で設定します。

割り当てキーを使って、連続再生オン/オフの切り替えは、ボタンクリックで、マクロの実行開始、実行終了を指示します。

割り当てキーが押されている間再生は、ボタンを押し続けている間、マクロを実行します。

保存ボタンで確定する

「保存」ボタンをクリックし、このボタンに対する設定内容を確定します。

機能登録時の注意

「Razer Synapseが必要です」の表示がある機能は、オンボードメモリに保存できません。

マクロでしか実行できないキー登録は、Razer Synapseが入っていないPCで使用できません。

マウス|パフォーマンスの設定

マウスの感度を設定します。

感度(標準設定)

この設定は、Razer SynapseがインストールされていないPCで使用するときの標準設定となります(オンボードメモリに保存されます)。

感度ステージスイッチの設定

感度ステージのスイッチをオフにします。

感度を設定する

DPI欄に数値を直接入力するか、スライダーでDPIを設定します。

感度(感度ステージ設定)

この設定は、Razer SynapseがインストールされているPCで動作します。

azer SynapseがインストールされているPCでは、マウスのDPI切り替えボタンでステージを切り替えることができます。

感度ステージスイッチの設定

感度ステージのスイッチをオンにします。

ステージの数を設定する

DPI切り替えのステージ数を設定します。

ステージは2段階から5段階を設定できます。

感度を設定する

設定したいステージを選択し、DPIを入力またはスライダーで設定します。

マウスの設定は以上です。