Xperia 5 Vにアルミバンパーつけておしゃれに運用

2024年2月24日 22:29

Xperia 5 Vは、ソニーが2023年に発売したSIMフリーのスマートフォンです。高性能なカメラやディスプレイ、細長いボディなどが特徴です。

Xperia 5 Vにアルミバンパーをつけて本体デザインをなるべく生かし、側面を保護しつつ運用します。

どんなアクセサリーを用意して取り付けたのか、その内容を紹介します。

バンパーはおしゃれ度は高く所有欲が満たされる

バンパーのデザインはXperia 5 Vのデザインを生かすいいデザイン

個人的には、スマホはできるだけデザインが露出するように使いたい派です。

しかしカバー類を何かしらつけていないと、落下したときの衝撃(ここでは本体と私の心に対する衝撃)が大きすぎるため、ハイブリッドタイプのカバーをつけていました。

こんなやつです↓

これだと金属感が消えてしまうため、金属感を出しつつゴツゴツした感じも出せるケースは無いかと考えた結果、以下のバンパーを購入しました。

バンパーなので、保護対象は本体側面です。

カメラ部分全体を覆うアルミカバーがセットになっています。

これがついていないと思い込んで、別途カメラ全体を覆うカバーを購入してしまいましたが、これは万が一カメラカバーを紛失したときに使おうと思います。

むき出しの画面と背面は机に置いても接地面に着かない設計

取り付けてから気づいたのですが、画面にTPUフィルムを付けたとき、画面を下にして置いたときに接地面から少しだけ離れる設計になっていました。

画面側も背面側もフチに高さがある
背面側はカメラが背面を浮かせる

私はガラスフィルムを使っているため、面一(フチとガラスフィルムがほぼ同じ高さ)になりました。

TPUフィルムのような薄い保護アクセサリならばバンパーのフチが高さを稼いでくれるので、画面が接地面に着きません。

装着時のおしゃれ度は抜群に上がったけど人は選びそう

実際にバンパーを取り付けてみると、アルミが高級感をアップさせて、所有欲を満たしてくれます。

本体(前面)
本体(背面)

アンテナ部分はカバーはありません。

USBポート、ヘッドホンジャック、電源ボタン周りも広い窪みになるように設計されていて、これまでのケーブルは問題なく接続できそうです。

音量ボタン、シャッターボタンも非常に押しやすいです。

ストラップが下部につけられるので、手首にかけられる用のストラップを取り付けています。

下面(USBポート)
右側面

バンパーって言うとゴツゴツしたイメージですが、このバンパーはそこまでゴツイ感じを主張しません。

なんとなくつるっとした感じで、少し高級感が出る印象です。

物理ボタンの押し心地は、一般的なカバーと比較すると非常に押しやすいです。

カメラ部分・イヤホンジャック
カメラ部分

カメラ用のカバーが付属しているので、取り付けました。

バンパーと統一されたフレームで、カバーをしても違和感はありません。

取り付けはとっても簡単

バンパーは、付属のネジ、ドライバーを使い、簡単に装着できます。

バンパーと付属品
レンズカバー(セット同梱物)

バンパー、ドライバー、ねじ、カメラカバーがセットです。

バンパーはバンパー接合部をねじ止め、カメラカバーは両面テープで取り付けます。

バンパーを装着
ストラップはねじ止めする前につけておく

バンパーをつけるとメモリカード着脱、ストラップの着脱ができなくなるため、バンパー装着前にセットします。

ストラップですが、一般的なカバーよりも着脱しやすいです。背面カバーが無いから、とても作業がしやすいです。

バンパー取り付けに際して、難しい作業はありませんでした。

バンパーは重いし衝撃に弱い

アルミバンパーはデザイン以外はデメリットが大きいように思います。

デメリットが何かを考えてみました。

40gという重さがありながら背面がカバーできない

一般的なカバーもだいたい40g程度ありますが、「バンパー」なので側面しか保護できません。

背面はむき出しです。

背面
背面

気休め程度ですが、背面に保護フィルムを貼ってイメチェンしています。

背面にはカーボン調のフィルムを装着

背面フィルムは非常に貼り付けしづらいです。

カメラカバーを使用するときは、フィルムをつけてからカメラカバーをするという手順で取り付けます。

背面フィルムは標準デザインからカーボン調などに変化を加えることができるので、私はお気に入りです。

お好み、メリットデメリットを勘案してのチョイスとなります。

アルミだから剛性が低いので変形する可能性がある

アルミニウムは軽く錆びづらい、そして柔らかいという特性があります。

柔らかいがゆえ、無理な力をかけると簡単に変形します。

電源ボタン部分が歪んだ状態
歪んだ部分を手で修正

ズボンのポケットに入れてやや無理な格好で作業をしていたら、肉厚が薄い電源部分が歪みました。

そしてその歪みは、工具を使うことなく修正ができました。

手で簡単に直せるくらい柔らかいアルミニウム素材のため、角部分に衝撃が加わったときは、復元不可能な変形をする可能性が高いです。

バンパーのデザインが自分の感覚に刺さるよ、と言う方にはお勧めできます。

おしゃれ度とデメリットを考えて運用すると幸せになれる

Xperia 5 Vにアルミバンパーをつけてみましたが、本体のデザインを生かしつつ、側面を保護できるという満足感がありました。

背面までカバーするタイプは本体の厚みも増し、デザイン性が無くなってしまいますが、側面保護のみのバンパーであれば、そのデザインを生かして運用できます。

前面左側
前面正面

記事を書いている最中に気づいたのですが、ガラスフィルムに干渉しません。

バンパーを取り付けてからガラスフィルムをつけても問題なく取り付けられそうです。

背面
右側面

背面は何も守るものがないため、心配であれば背面フィルムを活用しましょう。

ただし、バンパーは重いし衝撃に弱いというデメリットもありますので、自分の好みや使い方に合わせて選ぶことが大切です。

Xperia 5 Vをおしゃれに使いたい方は、ぜひバンパーを試してみてください。