Zen2仕様の新型APU「RYZEN 7 PRO 4750G」を発売日に買ったった

Zen2仕様の新型APU「RYZEN 7 PRO 4750G」を発売日に買ったった

待ちわびたZen2仕様のAPUを購入してマシンも心も大満足

2020年8月、Zen2仕様のAPU、AMDの「RYZEN PRO 4000Gシリーズ」が販売されると知り、これは(どんな意味があるか見いだせないまま)発売開始日に買わないと!と意気込み、8月8日に購入してきました。

せっかく買うんだから最上位、ついでに今使用しているマザーボードを予備扱いとするため、マザーボードも新しくしよう、ということでCPU、マザーボード、さらについでにWindows10Pro(パッケージ)も買ってきました。

RYZEN 5 3400Gも不満なく使用できていましたが、さすがに8コアはCPU上にボトルネックがないように感じます。

6コア、4コア、そして8コアと遷移してきたので、これからじっくりゆっくり、Zen2仕様を楽しめたらと思います。

RYZEN 7 PRO 4750G は箱入りじゃないバルク売り

PROとして付番されているこのCPUは本来一般流通せずに既製品(BTO含む)に組み込まれる製品ですが、どういう理由か、今回は箱なしで一般流通することになりました。

一般流通で、PRO版を今後入手できるかわからないので、物珍しさも手伝って、今回購入しました。

購入店舗:ドスパラ秋葉原本店
購入金額:43,978円(税込)

マザーボードも「AORUS B550I PRO AX」で新調

新しいCPUを購入するとき、マザーボードを新調する予定でした。そのプランに沿って、今回マザーボードを購入しています。

購入店舗:ドスパラ秋葉原本店
購入金額:21,450円(税込)

B450のパッケージからすると、やや重厚?

マザーボード本体が小さいんだからもっと箱は小さくても・・・。

マザーボードとCPUの入れ替えだけだけど・・・

意外と大がかりな作業になりました。

まず、いつも作業台として使用するソファー・・・

には先客がいたので、床面で作業します。

マザーボードの箱の上でCPUやM.2SSDを取り付けます。

何度となくPCを組み立てていますが、やはり新品のパーツを取り付ける作業は楽しいものです。

作業を進め、一通り組み付けてみましたが、ライザーケーブルが刺さりません。

AORUSロゴが刻印されたヒートシンクが大きくて、これがついている状態ではライザーケーブルがつけられませんでした。

ヒートシンクだけ外してライザーケーブルを取り付けました。

この作業の後、CPUクーラーの取り付けとケーブル類の接続を行い、作業は完了しました。

ベンチマーク

今、手元にエクセル等がなくてきれいな表にまとめることができません。ご参考までに、数値のままで掲載します。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク

RYZEN 7 PRO 4750G

標準品質/1920*1080 5782
最高品質/1920*1080 3154(「やや快適」評価)

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク

RYZEN 7 PRO 4750G

軽量品質/1280*720 4227
標準品質/1920*1080 2064(「重い」評価)

RX5700XT(比較用)

標準品質/1920*1080 7220

GTX970(比較用)

標準品質/1920*1080 4134

CINEBENCH Release 20

CPU 4878pts
CPU(Single Core) 502pts

こうやって並べてみると、意外と健闘しているように見えます。実用レベルでは、最近購入してプレイしている「Need For Speed Heat」について、1回もグラフィックボードを通してプレイしていませんが、正直、違和感ないです。

処理が詰まる感じもしませんので、設定をある程度軽くすれば、意外にサクサク動作してくれます。

ゲーム中にフリーズする?

今回の構成に変更してから、ゲーム中に突然フリーズする現象が多発するようになりました。

調べてみると、どうも同様の現象が出ているように見受けられました。

私がとった対応はこれ。

RAM Testなどメモリ安定性テストをクリアできるのに、iGPU負荷でクラッシュする場合は、SOC電圧を1.100~1.200Vに昇圧するだけでiGPU負荷でも安定することが多いです。

AMD Ryzen 7 PRO 4750Gのグラフィック性能とメモリOCについて

最初は、OCメモリのプロファイルをそのまま適用したことが原因かと思ってました。しかし、動作速度を3200から3000に落とすなどの設定をしても状況が改善されません。

そこで調べていたところに上記の記事を発見し、BIOS画面からSOC電圧を「Auto」から「1.100」に変更するに至りました。

現在のところ、ゲーム中にフリーズするということがなくなったので、しばらく様子を見てみようと思います。

このCPUはすごいぞ!

結論として「このCPUはすごい」。

Zen2仕様に変わってなにが変わったか?と言われると、数値上の消費電力が変わらずに性能が上がったかもしれません。

このCPUの性能をフルに発揮できるような使い方はしないかもしれませんが、8コアあることで動作にストレスがかからないと思えるならば、このCPUに価値があると考えています。

・・・・、まぁ~発売日に手に入れることができたという心の満足感の方がはるかに高いのですが。

いいCPUですよ、本当に。

自作PCカテゴリの最新記事