PCパーツ紹介-Sound BlasterX AE-5(購入&レビュー)~LEDが光る ハイレゾ対応のゲーマー向けサウンドカード

PCパーツ紹介-Sound BlasterX AE-5(購入&レビュー)~LEDが光る ハイレゾ対応のゲーマー向けサウンドカード

自作PCにハイレゾ対応の素敵な音を組み込もう!

ロゴが光るLEDを組み込んだゲーマー向けサウンドカード「Sound BlasterX AE-5」を使用者視点でレビューします。

ハイレゾ対応の Sound BlasterX AE-5 を購入

私の趣味の一つである自作PC。
そこに組み込んだPCパーツを紹介する記事です。あくまで自作PCを組み立ててるにあたって購入してきたものについて、個人的に思ったこと、やってみたことを書きます。購入者視点での記事になります。

今回はクリエイティブメディア「Sound BlasterX AE-5」を購入しました。
2017年7月29日にツクモDOS/Vパソコン館にて購入、価格は15,800円(税別)でした。

長い間、オンキヨー「SE-150PCI」を使用してました。
SE-150PCIはPCIバス用であるため、現在主流のPCI Expressでは使用できません。Windows10にドライバやツールをインストールして音を出すこともできましたが、ツールに搭載された機能のすべてが使用できず、スペックはいいのにフルスペック使用できないという不満がありました。

外付けでもいいので、光出力ができるUSB-DACを検討していましたが、「Sound BlasterX AE-5」が出ることを知り、新しいものに飛びつくことにしました。

Sound BlasterX AE-5 の本体

開封して本体を見てみます。

本体は黒を基調に赤のロゴがアクセントになっています。

側面と裏面のロゴはLEDで点灯させることができますが、LED点灯のためには電源の接続が必要です。LEDを点灯させなくてもいい、という場合は電源を接続せずに使用することもできます。
外部接続のDAC用に光出力のポートもありますが、このサウンドカードの場合はオーディオジャックに直接スピーカーやヘッドホンを接続したほうが音がいいと感じました。

オーディオジャックはラインIN、ヘッドホン、サラウンドスピーカー用出力など、一通りそろっています。

Sound BlasterX AE-5 の付属品

次に付属品を見ていきます。

取扱説明書や保証書が添付されています。取扱説明書はウェブサイトからダウンロードすることもできます。
ところで、右上のはなんでしょう?
ステッカーでもないしマウスパッドでもないし、よくわかりません。

LEDテープは両面テープなどでケース内に貼り付けて使用します。このLEDテープはサウンドカード本体にテープを接続して使います。本体のロゴとともに、専用ソフトで光り方や色を調整できます。
私は別途光物パーツを取り付けているので、付属しているLEDテープは使用しません。

Sound BlasterX AE-5 を取り付ける

パーツを取り付けてみました。
なお、画像で使用しているPCケースは「InWin805」ではなく、その後購入した「Corsair Carbide 265R」で紹介しています。

Sound Blaster AE-5をPCIeバスに取り付けます(取付時の写真を撮り忘れました)。幅が狭いタイプなので、基本的にはどのレーンにも取り付け可能です。

本体ロゴなどのLEDを点灯させるために電源からケーブルを接続します。この電源ケーブル、音だけ出ればいいと言う人は接続不要です。
せっかくですから、LEDを点灯させて使用しましょう。ウェブサイトから「Sound Blaster Connect」をダウンロードしてインストールします。このツールで音の環境やLEDの色、パターンを設定できます。

「Sound Blaster Connect」で音の設定ができますが、ヘッドホン接続のときはエフェクトが効いてくれません。ヘッドホン接続のときは、各プレイヤーのイコライザーで調整します。

Sound BlasterX AE-5 を視聴する(レビュー)

※試聴した曲はすべてCDをハイレゾ対応でリッピングしたファイルです。
実際に聴くとどんな感想を持つのか、感じたことを書いてみます。あくまで個人の感想なので、参考程度に読んでください。

<2018.9.10時点での環境>
ヘッドホンはオーディオテクニカの「ATH-M40x」を使用しました。

音楽プレイヤーはソニーの「Music Center for PC」を使用しました。
https://musiccenter.sony.net/ja/

比較対象がないと感想が書きづらいので、マザーボード(GIGABYTE「X470 AORUS GAMING 5 WIFI」)にオンボードされているサウンドと比較します。

X470 AORUS GAMING 5 WIFI
https://www.gigabyte.com/jp/Motherboard/X470-AORUS-GAMING-5-WIFI-rev-10#kf

このマザーボードに搭載されているオーディオチップもコンデンサもなかなかのものらしいです。

この記事を書いている間、Dance My Generation(Golden Bomber)をオンボードのヘッドホンジャックに接続し、90分くらいループさせました。
ちょっと前のオンボードサウンドは、音がこもった感じの印象を持っています。音がはっきり出ないように聞こえるうえ無理して出している感じで、それだけでサウンドカードを購入する動機になったものです。

ところが、最近のオンボードサウンドはすごいんです。
本当にすごい!

いつそんなに進化したんだよ!とツッコミ入れてしまいました。
1時間以上同じ曲を聴き続けたら、それが正しい音だと、そう脳が認識するくらい音の再現性が高いんです。ステレオなので当然と言えば当然ですが、左右にきちんと音がセパレートされており、それぞれの音がくっきりはっきり聴こえます。以前はどこかぼやけた感じで「所詮オンボードだな」と思ったのですが、そんな考えは吹っ飛びました。

次に「Sound BlasterX AE-5」にヘッドホンを接続して同じ曲を聴いてみます。



・・・・え?

やばくね?すごくね?

音が左右にセパレートされてそれぞれの音がくっきりはっきり聴こえるのですが、左右にセパレートされた音がさらに前後に分かれて聴こえます。本当に奥行きがある感じです。
くっきりはっきりの感じが本当にクリアです。たとえば低音域が邪魔して高音域に奥行きを感じないとか、そういうことはありません。バランスよく低音域、中音域、高音域をきれいに出してきている印象です。

これはと思い、SNOW SOUND(Alexandros)という曲でも聴き比べてみましたが、やはり同じ印象を持ちました。オンボードのサウンドが悪いということは決してありません。むしろスマホなんかより正直に音を出している印象です。
ただ「Sound BlasterX AE-5」が上を行き過ぎている、そんなふうに思えます。
ボーカルの音、楽器の音、音の奥行、PCパーツがここまで表現するのかと、ただただ驚くばかりです。

ちょっと話は変わりまして。
2017年11月の終わりごろから「Need for Speed Payback」を購入してプレイしています。このサウンドカードを使用して気づいたことがありました。

プレイしているとき、後ろからくる他車がどの位置にいるか、音でわかります。後ろのどの辺にいるかがわかるので、簡単に相手をブロックできます。

ゲームで使う認識はなかったのですが、意図せず奥行きがあることの恩恵にあずかることができました。ゲーマーをターゲットにするなら「奥行き」はけっこう大事かと思います。

マザーボードのオンボードサウンドも非常に音を楽しませてもらえますが、サウンドカードでさらに音を楽しんでみてはいかがでしょうか。