まさにオールインワンな簡易水冷クーラー「CORSAIR iCUE H100i RGB PRO XT」

まさにオールインワンな簡易水冷クーラー「CORSAIR iCUE H100i RGB PRO XT」

簡易水冷クーラーは儚い?寿命が来る前に「CORSAIR iCUE H100i RGB PRO XT」に交換してしまおう

初めての簡易水冷クーラー、「LIQFUSION/ELC-LF240-RGB」を購入してから2年が経過します。他のメーカー、製品が気になることもあり、経年劣化を言い訳にして新たに購入することにしました。

今回購入したのは「CORSAIR iCUE H110i RGB PRO XT」です。

マザーボード上で余っていたUSB2.0のポートを活用でき、ポンプとヘッダが一体になっているので、内部スペースが狭いMini-ITXケースの中においては非常に取り付けや取り回しがしやすかったです。

寿命はあと2年くらい先だろう、と思いながらも交換しましたが、購入から組み立てまでとても満足できました(購買意欲的な満足度に寄っています・・・)。

「CORSAIR iCUE H100i RGB PRO XT」は本体も付属品も標準的

改めて、今回購入した「CORSAIR iCUE H110i RGB PRO XT」を紹介します。

ツクモ池袋店で購入、価格は13,800円(税込みは15,180円)でした(店頭価格としては最安付近かと思われます)。

余談ですが、ツクモ池袋店がなくなる・・・。

簡易水冷クーラーの冷却用ファンは、LEDで光らないbe quiet!のファンに交換しています(⇒こちらの記事を参照)。

簡易水冷クーラー交換後もこのファンを使用するので、ファンまでLEDを搭載している必要はありません(むしろファンなしモデルとかないのかな?)。購入するための条件は「ヘッダー部分は光らせたい」「ファンは光らなくていい(どうせ交換するから)」「240mmタイプ」の3点でした。

ちなみに、今回購入したこの製品はファンが光るタイプもあります。

外観(パッケージ)

過去に買ったCORSAIR製品はケースファンとケースとメモリですが、簡易水冷のこのパッケージはものすごい黄色推しです。

大きさは240mmラジエーターを収納しているものとしてはふつうの大きさかと思います。

本体(ラジエーター)

簡易水冷クーラーを使ったことがある人なら誰もが見慣れている、と言っても過言ではない、よくみる形の240mm仕様のラジエーターです。

ラジエーターのフィンの部分はアルミニウム素材かと思われます。フィンの部分に物が落ちただけで変形する可能性があるので、取り付け時に注意が必要です。

チューブはゴム製にスリーブ加工を施してあり、作業時も取り扱いしやすいです。

ヘッダ部は、今映っている正面と、この画像には映っていない側面もLEDが光るように加工されています。

チューブの接続部は可動式になっており、チューブの向きを変えることができます。設置後、好みに合わせてチューブの向きを変えてケース内をスマートに見せることができると思います。

ファンと付属品

ファンは240mm、2400rpmのタイプが2個付属しています。しかし私はbe quiet!の別のファンを使用するため、今回このファンは使用しません(今回使うファンについてはこちらの記事に詳しく書いています)。

そのほか、ヘッダー接続用のUSBケーブル、マウントキット、それらに使用するネジ類です。グリスは付属していませんがヘッダに塗布されているので、初回取り付け時は別途用意する必要はありません。

「CORSAIR iCUE H100i RGB PRO XT」をOPHION EVOに取り付けよう

取り付け作業は「オーバーホール」

Mini-ITXという小さいケースの特性でしょうか、簡易水冷クーラーの交換は全ばらしになりがちです。

今回も例にもれず(?)全ばらしです。今回全ばらしするのは、簡易水冷クーラーのヘッダーをマウントするブラケットがマザーボードに標準でついているものを使用するので、取り外していた標準のブラケットを取り付ける必要が出たためです。

CPUに標準でついているCPUクーラーを使っている場合は、全ばらしまでは必要ないです。小型ケースなので清掃もかねての全ばらしはありかと思います。

ケース前面のUSBポートは外した

OPHION EVOの前面USBポートですが、USBメモリやマイクロSDカードしか認識してくれないので、取り外しました(写真撮り忘れました)。

この分のケーブルがなくなったので、ケース内をさらにすっきり配線することができます。

ラジエーターとヘッダーの組み立て

ラジエーターにファンをつける

ラジエーターにファンを取り付けます。

上でも書いた通り、ファンは「be quiet! 120mm PWM SILENT WINGS 3」を使用します。ケーブルがからまないようにファンガードも使用します(ファンガードの詳細はAmazonでどうぞ)。

作業は難しくなく、ファンガードの上から付属の長いネジで取り付けます。

ヘッダーにマウンターを取り付ける

ヘッダーに対応するマウンターを取り付けます。

マウンターを横から差し込む形でセットします。このタイプは初めてです。少し力を入れないと刺さりませんが、奥まで差し込むと「しっかり固定された」という感触があります。

ヘッダーにUSBポートがあります。ヘッダーをマザーボードに固定したあと、このUSBポートに付属のUSBケーブルを接続します。

ポンプとファン制御用ケーブル

ヘッダー内にあるポンプと、そこに接続するファン用ケーブルを確認します。

ヘッダーおよびヘッダーに接続されるファン等を動作させるための電源用ケーブル、ファンの回転数検知と制御をするファン用ケーブル、ファンの電源用ケーブルがつけられています。

ケースに取り付けた後、これらのケーブルを接続します。

CPUクーラーの取り付けとケーブル接続

準備、確認ができたので、ケースに取り付けます。全ばらししたパーツも再度取り付け、CPUクーラーを取り付けたら完成という状態です。

ヘッダーをマザーボードに固定します。標準のCPUクーラー同様、マザーボードに付属する標準マウンターにひっかけるタイプですが、ひっかけたあとの固定はネジで行います。

ヘッダー固定後、付属のUSBケーブルを取り付け、マザーボードのUSB2.0コネクタに接続します。

続いて電源用ケーブル、ファン制御用ケーブル、ファンからの電源ケーブルを接続します。

ケーブルやチューブを結束バンドでまとめて、画像のようになりました。

直接は関係ありませんが、ケース底面のファンもLED付きのものからLEDなしの「be quiet! PURE WINGS 2」に変更したため、LED用ケーブルを省略することができました。

以前のクーラーはラジエーター付近にポンプがありましたが、ポンプはヘッダー内にあるのですっきりした印象です。

この際だから、というよくわからない理由でLED付きのファンを交換したり、前面USBポートを撤去したり、ということをしたせいもあり、思った以上に配線がすっきりしました。

やっぱりCPUクーラーを交換してよかった

組み立て終わり、動作も問題ありませんでした。

購入時、お店の方から「LIQFUSION / ELC-LF240-RGBよりもポンプの動作音がうるさいかもしれません」という説明があり、この点だけは満足度が下がるかもしれない、とのことでした。

その点も含めて、この記事をまとめたいと思います。

ポンプの動作音が全く聞こえない

動作させるまで気がかりだったポンプの動作音について、結果はポンプの動作音は聞こえてきませんでした。聞こえているのかもしれませんが、どの音がポンプの動作音かわかりません。

ベンチマークソフトで負荷をかけてみましたが、ファンが全力で回る音は聞こえるけど、ポンプの動作音はまったく気になりませんでした。

ヘッダーの光り方がワンポイント的でオシャレ

ケース内のLED点灯パーツが減ったので少し寂しくなりましたが、その分、光っているパーツがよく目立ちます。

引いたところから見ると、コルセアのロゴとその周りがきれいにヘッダー部分きれいに彩っています。ヘッダーが大人しめ、隣にあるメモリがやや派手気味に見えます。

近くから見ても、きれいに見えます。ときどき眺めたおきにがっかりしないよう、チューブやケーブルが見栄えを邪魔しないように考えています。

天面だけでもLEDテープ貼ったら、もうちょっときれいにみえるかもしれませんが、これはまたあとで考えることにします。

TIME SPYを走らせて68度まで上昇

実際にどこまで温度が上がるのか、簡単ではありますが「TIME SPY」と「Core Temp」を使って実験しました。

上記のソフトと今使用しているCPU「Ryzen5 3400G」を使用して計測できた温度は68度でした。

ちなみに、この記事を書きながらTransPort Fever 2を後ろで動かしていますが、温度は47~49度の間を行ったり来たりしていますので、冷却性能は問題ないと考えています。

「CORSAIR iCUE H100i RGB PRO XT」は控えめLEDと冷却性能から見てもオススメ

見出しの通りですね。購入して正解だったと思います。

ファンにLEDがついていると、その分のケーブル取り回しが発生します。Mini-ITXケースでのケーブル取り回し作業はかなりの重労働です。

LEDはヘッダーに集約されており、LED用のケーブルは1本のみ(どのケーブルがLEDを制御しているかはわからない)なので、シンプルに配線ができました。

冷却性能は上で書いた通り問題ありません。

LEDを光らせたいね、だけど配線はシンプルがいい、それでいてふつうに冷却できるクーラー、という条件を満たしてくれたので、今回の買い物は満足できました。

自作PCカテゴリの最新記事