仕事で使えそうなゲーミングマウスを購入して実機検証!

2022年7月2日 00:31

外観・フィット感・ボタン位置の比較

外観・デザイン

コルセア KATAR PRO WIRELESS

コルセア KATAR PRO WIRELESS マウス本体

いたってふつうのマウス、といったデザインです。

ロゴは刻印されていますが、光らないのでかなり控えめなロゴです。職場で使っても違和感なさそうです。

大きさは、一般的なマウスと同等のサイズです。

Razer Basilisk X HyperSpeed

Razer Basilisk X HyperSpeed マウス本体

エレコムの「M-XGM10DBBK(メーカーサイト)」と同等、と言われたら納得しそうなデザインです。

ロゴは刻印されていますが、光らないのでかなり控えめなロゴです。職場で使っても違和感なさそうです。

幅は一般的なマウスと同等程度、長さは少し長めです(長さ130mm/一番くびれた個所の公称値 幅60mm)。

ロジクール G304

ロジクール G304 マウス本体

いたってふつうのマウス、といったデザインです。

唯一、ロジクールGのゲーミングブランドロゴだけが、ゲーミングマウスであることを思い出させてくれます。職場で使ったら、ゲーミングマウスだとわかりません。

大きさは、一般的なマウスと同等のサイズです。

フィット感

コルセア KATAR PRO WIRELESS

フィット感(指とボタン位置)

傾斜はありませんが、サイド部分はプラスチックが溝を掘るような加工されているので、グリップ感はいいです。

サイド部分にグリップとくびれがあり、親指、薬指、小指ホールド感は非常にいいです。

後述しますが、このマウスは少しお勧めしづらい・・・。

Razer Basilisk X HyperSpeed

フィット感(指とボタン位置)

右肩下がりの傾斜、両サイドのグリップにより、ホールド感が非常にいいです。

本体が軽いので、驚くほどスムーズにスムーズにマウスを動かせます。

サイドボタンの先頭側(標準で「進む」ボタン)を押すときに、手前側のボタンも同時に押してしまいそうです。

ロジクール G304

フィット感(指とボタン位置)

傾斜はありませんが、サイド部分はプラスチックがザラザラ加工されているので、グリップ感はいいです。

本体は軽く、マウスはスムーズに操作できます。

私の場合、サイドボタンの先頭側に指が届きづらく、手前のボタンを同時に押してしまいそうです。

本体重量

マウス操作の快適さに直結するので、使いやすさの指標の一つとして、軽いマウスを検討しましょう。

機種名重量(グラム)
コルセア KATAR PRO WIRELESS96 乾電池セット時
Razer Basilisk X HyperSpeed106 ※乾電池セット時
ロジクール G30499 ※乾電池セット時
(参考)コルセア IRONCLAW RGB130 ※バッテリー搭載機種
(参考)ロジクール MX Master 3141 ※バッテリー搭載機種
マウス本体の重量(すべてメーカーウェブサイトに記載された公称値)

もし職場で使うなら

この4機種を職場に持ち込んでも、さほど違和感はなさそうです。

「Razer Basilisk X HyperSpeed」だけは少し大きめなので、いいマウスを買ったのかな?と思われそうです。

デザインの観点からは、どの機種を職場で使っても問題なさそうです。

次のページ

次のページでは、今回検証するマウスのオンボードメモリ機能を比較します。