イヤホンは進化した!ワイヤレスイヤホン「SONY WF-1000XM3」でノイキャンサウンドを楽しむ

イヤホンは進化した!ワイヤレスイヤホン「SONY WF-1000XM3」でノイキャンサウンドを楽しむ

地下鉄の走行音を気にせず音楽を楽しみたい!
そんなときに出会ったSONYの完全ワイヤレスイヤホン「SONY WF-1000XM3」を勝手気ままにレビューします。

これまでもソニー製ワイヤレスイヤホンを使っていましたが、電池持ちが短くなってきたこと、新しいイヤホンの性能が気になったことなどから、新しく買うことにしました。

ビックカメラ池袋本店で購入、価格は26,000円(税込)でした。
後日値段見たら税込み28,000円オーバーだったので、ぎりぎり安く購入できたようです。

さっそく開封しよう

さっそく箱から出してみます。

コンパクトな箱にコンパクトに充電器と本体が収まっていました。上段を取り外してそのほかの付属品も見てみます。

充電用のUSBケーブル(Type-AとType-Cのケーブル)のほか、量販店で売っているソニー純正のイヤーピースが2種類、サイズも複数付属しています。

画像左側はトリプルコンフォートイヤーピース 、右側はハイブリッドイヤーピースです。Googleで「WF-1000XM3 イヤーピースを交換する」で検索すると表示されるソニーのウェブサイトで説明がありました。右側のイヤーピース、パッケージ内にはLサイズ、Sサイズ、SSサイズが同梱されており、Mサイズはイヤホンに取り付けられています。

私はコンプライのイヤーピースを使用するので、すべて未使用で箱の中にしまっておきます。

ノイズキャンセリング機能は想像以上

装着感、見た目、機能は実際に触ってみないとわからないので、ビックカメラ池袋本店で試用してみました。

今まで使っていたイヤホンもコンプライのイヤーピースを使用することで、音質、遮音性ともによかったと思います。しかし「SONY WF-1000XM3」試用したところ、ノイズキャンセリング機能で想像以上に雑音が消されて驚きました。

店頭で試用したとき、イヤーピースは標準のままでもかなりの遮音でしたが、コンプライのイヤーピースに変えたら、もっともっと遮音性と音質がよくなるはずです。

ノイズキャンセリング機能のほか、外の音を取り込める「アンビエントサウンドモード」、外の音も取り込まずノイズキャンセルもしない「通常モード」があり、左のイヤホンについているタッチセンサーで切り替えすることができます。

お店で買い物するときなど、簡単に切り替えられるのも機能性がいいと思いました。

音質はふつう以上で満足できた

イヤホンはヘッドホンにはかなわない、というとても勝手な持論を持っています。音を鳴らす仕掛けの部分を小さくすることと音質は、どうしても相反するような気がしてます。

今まで使っていた「MDR-EX750BT」と比較すると、音質は上がっていると思います。聞き比べたわけではありませんし、新しいもののほうがいいに決まっている、という思い込み補正が存分に入っている評価です。

20,000円オーバークラスで「NUARL N6 Pro」も試用してみましたが、音質は「NUARL N6 Pro」のほうが好みでした。「N6 Pro」にノイズキャンセリングがついていたら「WF-1000XM3」は購入していなかったかもしれません。

静かなところで聴くとわかるのですが、結構細かいところまで音が出ている印象です。高音に偏っているとか、低音ばかり強調されているとか、そういったことはありません。非常にバランスがいいと思います。

プレイヤーのイコライザーをフラットにして聴いたら、結構バランスよく音が出ているな~、と感じました。

イヤーピース

私はコンプライのイヤーピースを使用するので、付属のイヤーピースについては想像でお話ししようと思います。

私が使用しているイヤーピースは「Ts200」Mサイズです。
消耗品と割り切って、1年に1回、3セット入りを購入しています。

付属のイヤーピースならば、パッケージ付属しているトリプルコンフォートに交換したほうがいい音を楽しめるのではないでしょうか。表面素材はトリプルコンフォートの方が耳の中できっちり塞いでくれるように見えます。

人の好みもあるので、サイズも含めて付属のものは一通り試してみるのがいいかと思います。

Bluetoothの接続も良好

「MDR-EX750BT」は人通りが少ない小さな交差点でも音が途切れることがありましたが「SONY WF-1000XM3」はちょっとやそっとでは途切れません。何をどう改良するとここまで切れなくなるのかはわかりませんが、普段使いをしてくうえでは非常にありがたいです。

機器との接続までの時間も、前より短くなったと感じます。

Bluetoothまわりは、これまでのものから相当な改良が加えられているみたいです。

タッチセンサーが機能的で使いやすい!

イヤホン本体に丸いタッチセンサーがあります。

右側は再生・停止、次の曲、前の曲を操作でき、左側はアンビエントサウンド、通常モード、ノイズキャンセリングを切り替えできます。

ソニーが配布するBluetooth用ヘッドホン、イヤホンコントローラーソフトを使うと、タッチセンサーの機能を変更することもできます。世間は音量コントロールを求めていたようで機能も搭載されました。

音量は、私はスマホで操作するため、デフォルトのまま使用しています。

充電気にしながら持ち歩きます

電池持ちが悪くなるまで、このイヤホンを持ち歩きます。これまでの経験から、だいたい2年ちょっと使ったら電池がへたってくると思いますが、そのころにはまたいいイヤホンが出ていることでしょう。

ケースが充電器なので、充電するときは収納してカバンにしまっておきます。

ただ、そんなに使っていないのに充電を行うのは電池寿命を縮める行為に他ならないので、充電したくないときはコートのポケットにそのままいれています。

充電しない、ただ入れておくケースがあればいいのに、という不満はありつつ、いい音を持ち歩いているという所有欲を存分に満たしてくれているイヤホンです。

PC周辺機器ほかカテゴリの最新記事