自作PCの裏配線をきれいにしよう

自作PCの裏配線をきれいにしよう

見えないところ(裏配線)もきれいに整理しよう!

今のPCを組み上げ、修理から戻ってきた簡易水冷クーラーを再度取り付け、RGB Fusion変換ケーブルを取り付け・・・、ということをしていたら裏側の配線が少し散らかってしまい、そのままになっていました。
少し時間ができたので、今でもきれいかな?とは思いますが、改めて裏側を開けて裏配線をきれいに整理しようと思います。

そもそもなんで裏配線?

そもそもなんで裏配線?って内容を勝手な想像のもとに書いてみます。
なんで裏配線なんてするんでしょう。

配線がごちゃごちゃしているせいでエアフローが悪くなりそうな気もしますが、PCケース内の配線量ではエアフローを妨げるまでの影響は無いでしょう。そもそも、15年くらい前の自作PC用ケースにはそんな概念などありませんでしたし、ひとたびパーツを組み込めば配線がケース内を行きかいます。そしてそれを整理したいと考えていた人は多かったと思います。

と言うことで、表側にいる配線を裏に隠してしまえ、というのが始まりなんじゃないかと想像しています。配線がきれいになれば中を見せたくなる、すると側面がアクリルパネルや強化ガラスタイプのケースが登場します。LEDを搭載したパーツ、LEDテープが接続できるマザーボードなど、いわゆる「見せる」「魅せる」PCケースが増えてきました。

せっかく自作PCで好きなパーツを組み込むのだから、パーツがよく見えるように余計な配線は裏側に追いやってしまいましょう、というのが裏配線の趣旨なんだと考えます。

裏配線のメリットとデメリット

メリット

メリットは上でも書いた通りパーツがよく見えます。また、エアフローも若干の改善があると考えられます。ケースファンへのケーブル巻き込みの心配も、裏配線をすることによりなくなるでしょう。

デメリット

デメリットはとにかく作業時間がかかることです。マザーボードにケーブルを挿すタイミングを間違えると接続や配線をやり直しなど、手間がとにかくかかります。また裏配線のために結束バンドや延長ケーブルなどの余計な買い物が発生するうえ、その在庫がどうしても残るので管理も大変です。

メンテナンス性

メリットかデメリットかわからないのが、あとのメンテナンスです。
いくら裏側でも、そこがスパゲティ状態だとメンテナンスは大変です。なんでもかんでも結束バンドでまとめてしまうと、あとで1本だけ交換したいときにばらしてまとめて、再作業が発生します。
ただし、ある程度系統分けして結束バンドでまとめると、メンテナンス性はそこまで犠牲にはなりません。

裏配線を整理しよう

と言うことで、メリットとデメリットをかる~く頭に入れた状態で作業をしていきます。
今回行う裏配線の初期状態はこんな感じです。

正直、そこまで手をかけてまでやる必要なくね?ってくらいにはまとめてあると思います。でもよく見ると、SATAのケーブルが上に行って下に行って、ケースファンの延長ケーブルがまとめてあるように見えるものの美しくなく、簡易水冷クーラーを外して付けるのもケーブルのせいで大変だったり。
これはやはり、系統ごとにまとめておけばあとあとの作業は格段に楽になるはずです。

マザーボードの電源ケーブルに沿って上にもっていっていたSATAケーブルですが、束ねるケーブルの本数を減らすため、ハードディスクを収納しているトレイの空きスペースに無理のないように押し込みます。ついでに電源ケーブルの余りも同じスペースに押し込んでしまいます。

電源ユニット上部を通るケースファン用ケーブルとフロントオーディオジャック用のケーブルです。ホームセンターで入手できるケーブルを通すクリップを貼り付けています。

オーディオジャック用ケーブルははめられなかったのでケースファンのみで使用しています。その代わりフロントオーディオ用ケーブルは結束バンドと裏配線用に準備されている穴を使用してケーブルを固定しています。

簡易水冷クーラーを接続しているLED用配線とファン用ケーブルです。
左側(または上側)の写真でLED用ケーブルを、右側(または下側)の写真でファン用ケーブルをまとめています。ここでは系統ごとに細かく束ねています。ただ、この束ね方だとCPUクーラーをはずさなければならないときに、結局は全部ばらさないといけないんです。そして、CPUクーラーに付属していたファンから異音がしていたのでそれを修理に出すために分解することが決定済み・・・。この束ね方が正解だったかはそのときに判明します。

裏配線が終わったら、表側の配線を接続します。
USBポート、オーディオ、スイッチ類は長さに困ることはないかと思います。基本的に長さに余裕があると思います。以外に届かないのがCPU用の電源ケーブルです。裏側を直線距離で通せば足りるところ、ケースの隅に押し込むように通すと足りなくなった、ということが過去に使用していたケースでありました。
私がそのような状態になったときは、ケーブルの長さはあとで調整(延長ケーブルの購入)するようにしています。

裏側、裏配線が完了した状態です。
できるだけドライブベイを避けて、あとからドライブを増設したり移動したりできる考慮しています。試していませんが、3.5インチベイそのものを外せるかもしれませんので、2.5インチドライブのみにして、空いたスペースはケーブル収納に使えたらと思います。

最初にも書きましたが、最初の状態がそこまで散らかった状態ではないので、今回は「とにかくきれいにまとめる」ことに重きを置きました。思ったよりもきれいに整理できたと思います。

完全に自己満足ですし、そもそもInWin805のケースのように裏側がみえるわけでもありませんのできれいにしてもしなくても、それは自由です。
今回の裏配線整理で、2.5インチドライブ取り付け箇所をきれいに開けることができたので、3.5インチドライブはやめてすべて2.5インチに統一しようかと考えています。

完全な自己満足な記事でした。